« 2008年08月 | メイン | 2008年11月 »

2008年10月24日

WHITESNAKE & DEF LEPPARAD at 武道館

行ってきました。売れてないとか聴いてたし俺も安くチケット買ったんだけど、超満員で急遽ステージ脇の席も開放したらしい。13000円でこんだけ入るんだから大したもんだよな。

WHITESNAKEは「まあ新曲はイマイチだしデビカバの歌もなんだか相変わらず大変なことになってるけど、それでも中盤以降はめっちゃ燃えるなあ」という感じでまあ楽しかったって感じ。まあ予想の範囲内というか。

で、DEF LEPPARDがすっげー良かった!

昨日のセットリストを観て「あちゃー」と思ってたんだけど期待しないで行った分今日の選曲は嬉しかったなあ。Foolin'(サビが歌いにくい)やるし、Goやるし(代わりにNine Livesやらんかったけど)、Mirror Mirroやるし。Bringin' On The Heartbreak~Switch 625の流れは何度聴いても、わかっていても、燃えてしまう。

久々にライブで聴いて思ったけど2本のギターリフの絡み方であるとか、曲の中のちょっとしたフレーズ、リズムアレンジなんかが恐ろしいほどすべてフックとして機能してるのが凄かった。まあ今更言わなくてもっつーかデフレパに限らずクラシックになり得る曲てのはみんなそうなんだろうけど。WHITESNAKEも昔の曲は歌メロ聴かずにギターリフだけ追ってても楽しいし。ともかく、音が良くて全パートクッキリ聴けたので余計にそういうことを実感しました。ギターパートとか歌詞とか、ホント体に染み付いて覚えてるって感じだった。

ジョーの歌はまあアレですけど、演奏にもパフォーマンスにもまったく衰えは観られず、武道館のステージでも広さを感じさせないんだから凄い。サヴのアクションとか、ニッキー・シックスなんて比べ物にならんぐらいカッコいいもんな。

いやホント楽しかった。それでもToo Late For LoveとかGods Of WarとかLet It Go、Another Hit And Run、Stagefright、Women、Stand Up、Have You Ever Needed Someone So Bad、truth, Slang、Torn To Shredsとか聴きたい曲は山ほどあるんだけど。ていうか「今日やらなかった聴きたい曲」だけでも十分1本ライブできるな。

投稿者 trouble : 23:02 | コメント (202)

2008年10月21日

メモ

なんかレコ屋に行くことが減っても音源はいっぱい聞けるんだけどどうしても範囲が限られるというか能動的に「自分で選ぶ」のって結局方向性が絞られちゃうじゃん?んなことない?

ネットで巡回するコースも限られてくるのでその中で出てくるものってのも路線が限られるし。外から自然と普段聞かないような音楽が耳に入ってきて「お、これなんだべ」って思ってチェックするのってやっぱ家でじゃなくてレコ屋でなんだよなあ、と思った秋の日でありました。

そんなわけで最近聞いたのはメタルばっか。

■Are You Ready To Rock / ECLIPSE
なんかこういうバンドのこういうアルバムタイトルってどーなのよ、と思いつつ聞き始め、オープニングはWHITESNAKEのSlip Of The Tongue(日テレの野球中継オープニング)だなーと思いつつ聞いていくと、これがいいんだす。大味な大陸風アメハー?と思っててもサビが叙情味タップリの北欧メタル、みたいな感じになるし。古き良きジャパメタ様式美っぽいリフもあったりでかなりおいしいです。

■Virus / RANDY PIPERS ANIMAL
初期W.A.S.P.にいたギタリストのバンドの2ndアルバム・・・って情報だけだと絶対期待できない感じなんだけど、これがヤバイ。初期W.A.S.P.をより正統派に、さらにメロディアスにしたような楽曲ばかりなんだけど(ヴォーカルもブラッキーをちょい意識した感じ)、なんか笑っちゃうほど曲がいい。全部燃える。なんなのこれ。メタル好きなら絶対聞いとけーみたいな感じ。

マイク・パットンもライブで楽しそうに歌ってたCRANBERRYSのZombieのカバーも超いいよ。

■Forever More / TESLA
こないだリリースされたDVDはかなり大きな会場で収録されてたし、まだまだ人気があるようなんだけど、正直新作を期待してる人は少ないと思う。でも再結成後第1弾も良かったし、今回も派手じゃないけどいいんです。なんか渋い職人て感じで。

相変わらず95年で時間が止まってるような雰囲気だけどアップテンポの曲もバラードもどれも地味いい。WHITE LIONの新作にグッと来たオッサン達ならこの良さをわかってもらえるんじゃないかしら。Fallin' Apart、The First Timeの2曲のバラードは白眉。ジェフの声質もあってBUCKCHERRYだとかHARDCORESUPERSTARっぽく聞こえたりもする。

■The Road Goes On / HARDREAMS
どうせまたJOURNEYの同人誌みたいなバンドでしょー?と思って聴いたらなかなかよかった。特に1曲目はかなりヒット。ラストのバラードはMR.BIGのPromise Her The Moonみたいだな。

■EP / FINCH
おおお、FINCH復活!スクリーモつー言葉が有名になり始めた頃の、ポストハードコアとしてのスクリーモが凄い好きで(スンマセンよく知らないのに知ったかぶって言いました)特にGLASSJAWとFINCHにハマってたんだけど、今じゃ二バンドとも無くなっててスクリーモって言えば産業スクリーモみたいなのばっかになってる昨今、久々のFINCHの新曲はやっぱりいい。1曲目のDaylightからしてもう泣ける。

他の曲はWorm Of The Earthっぽい雰囲気もきちんと残ってたりもするので、早くフルアルバム聴きたい。

あ、なんかネガな感じで書いたけど、産業スクリーモもなんだかんだで好きです。

■Atlantis / TNT
衝撃的にきつい。

■Cinematic / TONY HARNELL
STARBREAKERをややソフトにした感じ?あんま印象に残らん。

■The Dream / RAMOS-HUGO
これは紛れも無くJOURNEYの同人誌。でもそんないいと思えず。

■Crown Of Thorns / FAITH
明日通勤で聴きます。

いやそれにしてもRANDY PIPERS ANIMALすげーいい。

投稿者 trouble : 20:00 | コメント (3)

2008年10月19日

LOUD PARK '08

初日はAPOCALYPTICAから。
■APOCALYPTICA
正直そろそろ飽きてきた。たまには毛色の違うバンドのカバーして欲しいなあ。

■OBITUARY
曲もろくに知らなかったんだけど、楽しかった!すごくキャッチーでロックンロールのノリがあるというか。

■MESHUGGAH
昔観たライブDVDと比べたら良かったんだけど、座って半分寝そうになりながら聞いてると緊張感もヘッタクレも無く。あんま楽しくはならなかったなあ。元々そういう音楽じゃないか。

■DRAGONFORCE
ほぼ寝てました。何度か途中で起きたけど、ずーっと同じ曲やってた。

■SONATA ARCTICA
来日するたびに演奏も歌もどんどん良くなっていくのに、バンドのやりたいこととファンの求めるものはどんどんズレていく感じ。俺もやっぱ盛り上がるのはラスト3曲だったなあ。アヴェンジドのヴォーカルは初SONATAであの前半のノリをどう思ったんだろ。

■CARCASS
思ってたよりカッチリメタメタしくて、非常に高機能な感じ。でも単純にかっこよかった。

■AVENGED SEVENFOLD
演奏はグダグダだけど、なんだかんだで知ってる曲ばっかだから盛り上がってしまった。

■DOWN
フィルて腋毛剃ってんのな。音楽そのものよりもそれが一番インパクトあった。風呂場で剃刀で剃ってんのかな。ギターのヒゲハゲのオッサン、ペッパーの二人ともすげー良かった。リフがカッチョいい。

ラスト、ロブ・フリンとかが飛び入りして弾いてたときさ、ハゲデブの方のギターが「デイヴ・スネイク・セイボ フロム SKID ROW!!」とか言ってて確かにそれっぽい人いるけど顔よくわかんねーし冗談かなと思ってたらDOWNのツアマネがスネイクらしい(チカちゃんとこで知った)。

■SLIPKNOT
新作の曲は猛烈につまらないんだけど、過去の曲がイントロだけで「キター!」って感じになるロッククラシックスの風格満載で楽曲の強度を実感した。良く出来たエンターテイメントショウで、この手のバンドがそう感じさせちゃうのは問題かもしれんけど楽しかった。幕張やサマソニで見たときより全然マトモに聞こえたのは音のヌケが良かったからかな。People=ShitがアルバムやライブDVDより速くてかっこえがった。

立って観たのはSLIPKNOTだけ、しかも「良かった」て言ってるバンドも必ず途中どっかで寝てたっつーダラダラフェス。一回いい席確保してからまったく動かなかったもんな。エコノミークラス症候群になりそうな勢い。電話にも出ずスヤスヤ寝てました。スンマセン。

二日目
■ALL ENDS
なんつーか、アイドルとしてはかわいくないけどノリは完全にアイドルライブでAVRILとt.A.T.u.のメタル版?

■BLACK TIDE
ガキンチョバンド。80年代メタルを真正面からやってるのはフィンランドのガキンチョバンドと似た感じでまだ演奏がとか楽曲がとかそういう評価の俎板に乗せるのはかわいそうっつーか、寝ました。

■LOADED
ダフ以外のメンバーの存在感の無さ、華の無さが神がかってました。終盤ダフがギターからベースに持ち替えた!ガンズの曲来るぞ!とみんなが身構えたところにDust And Bonesかましたところが良かったです。いやそれも確かにガンズの曲ですけど・・・というツッコミで場内のみんなの気持ちが一つになった瞬間でした。その後きちんとIt's So Easyやったけど。

■MACHINE HEAD
相変わらず音がデカすぎて何やってるかわかんなかったけど、要所要所で燃えました。ちなみにアリーナ前方で最初から最後まで観たのは結局このマシヘだけでした。俺は、チェケラッチョなアニキに戻ってももらってもう1度From This Day聞きたいです。ダメ?

■BULLET FOR MY VALENTINE
うわ、出音ショボー、相変わらずドラムショボー、と思って眠りについて目が覚めたら結構良くなってた。でもやっぱ曲がカッコよく感じそうで感じない寸止め感がもどかしいです。

■BUCKCHERRY
楽しくお散歩しておりました。トイレは言ってションベンしてたら隣でイエモンのベースがチンコから液体を出してました。なんか毎年見るんだよなこの人。

■MOTLEY CRUE
ヴィンスは声は出るけどマトモには歌わない感じ。なんかトシを重ねるごとにヘリウムガス度が増してる気がする。毎回観るたびに思うんだけど、演奏はヘタクソでもこんだけいい曲が並んでたらもう少し盛り上がりそうなもんなんだけど、なんか流れが悪くてかったるくなるんだよな。

投稿者 trouble : 23:57 | コメント (3)