« 2007年05月 | メイン | 2007年07月 »

2007年06月24日

Lost Highway / BON JOVI

losthighway.jpg

Lost Highway / BON JOVI

BON JOVIナイトのお手伝いをするってことになったんで改めて聴いてみました。

前作のWho Says You Can't Go Homeがカントリーマーケットでウケたから今回は(カントリーアルバムではないということだけど)ナッシュヴィルの影響を打ち出したアルバムですか。音楽の路線自体は思ったほどカントリーカントリーしてなくて楽曲そのものというよりもスライドギターとかスティールペダルみたいな楽器を使ってるってとこにカントリーを感じる。Someday I'll Be Saturday Nightとかそういうアーシーで軽快なBON JOVIスタイルの楽曲が多い。

こういうアルバムを作っちゃうってとこが商魂たくましすぎるというか節操がないというかそれでいいのかっつー感じですけど、こういうマーケティング先にありきみたいなあざとい手法ってのはSLIPPERY WHEN WETでも「ファンに曲聞かせて収録曲を決定する」ってことやってたわけだし今に始まったわけじゃない。

俺がジョンの魅力だと思っていた焦燥感だとかイラ立ち、激情みたいのが皆無になり、大物感バリバリ、セレビーな臭いが鼻について鬱陶しい・・・っていうのも21世紀に入った頃から顕著だったわけでそれこそ今更そんなこと言ってもしょうがない。

でも、このアルバムってそういう「今更言うべきことじゃないけどさあ」ってとこがすごく強調されて聞こえる。自分たちのやることに自信を持って、のびのびと作った安定感抜群のアルバムでそれ自体はいいんだけど、なんかやっぱどうにもそののびのびっぷりがイヤなのよね。I Love This Townみたいなヌルーい曲をライブで観客が「楽しいね!」って笑顔で手を振ってノッてそうな雰囲気とか、もう絵を想像だけでウザい。

と俺は「ロックが好きなんだ」的な痛い視点で文句のつけてるのに、「思い出作り、したいよね」という対訳にシビれるMake A Memory、爽やかな空気の中にも一瞬だけ翳りを感じることができるようなAny Other Dayをはじめ、後半のTill We Ain't A Stranger、Seat Next To You, The Last Nightというシミる曲のオンパレードに「うーむ、やっぱ職人じゃのう」と意味もなくオッサンぽく唸ってしまったりします。いや実際オッサンですね。

各アルバムにあるようなインパクトのある曲はないけど、「俺ら感じたことを歌にするってことを生業にしてんだよ」と言う雰囲気が伝わってくるだけの説得力があって、なんだかんだで聴けてしまうショボい僕でした。普通のアルバムとして聴いたらガッカリだけど、ボツ曲集だと思って聞いたら結構いいじゃん、て感じというか。でも「ボツ曲集にしてはいい」って程度のアルバムを本気で欲しいと思えるかってなるとやっぱ「今更いらない」ってのが正直な気持ちだなあ。

投稿者 trouble : 17:23 | コメント (3) | トラックバック

2007年06月23日

■BON JOVIナイト vol.2■

LOST HIGHWAI発売後、武道館直前ということで。去年のドーム公演前に開催されたイベントの第二弾を今回もお手伝いすることになりました!ココのブログを読んでる人でBON JOVIファンていなそうな気もするんだけど、BON JOVI関係なく、俺と遊びたい人は来るといいよ!そんな人もいなそうですが!

■BON JOVIナイト vol.2■
昨年来日時に「東京ドーム前夜祭」と銘打って行われた BON JOVIナイトが、今年もアサヒスーパードライのイベントで来日する武道館公演の前日にイベントを開催します!素晴らしいニュー・アルバム「LOST HIGHWAY」からのナンバーはもちろん新旧の名曲を織り交ぜたDJタイムと、レア映像でお送りするボン・ジョヴィオンリーのイベントです。

会場にはメンバーの生写真やパネル、サイン入りジャケットの展示なども行います。フロアで思いっきり踊るもよし、お酒を飲みながらまったりするもよし、同じボン・ジョヴィファンならすぐ仲良くなれるはず☆

武道館の抽選に惜しくも外れてしまったボン・ジョヴィファンもこの日は、彼らの名曲を一緒に歌い、踊り、楽しみましょう。皆さまのご来場お待ちしています!!

☆day:06・29(fri)
☆time:20:00-23:00
☆エントランス:Y1,500(ドリンク別)
☆place:新宿club acid (03-3352-3338)
 http://www.acid.jp/

DJ:DJ Take(cathouse) http://cathouse-jp.com/
DJ Sadao
DJ Tetsu
info:新宿club acid (03-3352-3338)

あたくしはDJ30分×2回です。ヲタク心をくすぐる映像をかけようと思っております。
ヨロヒコ。

投稿者 trouble : 21:38 | コメント (5) | トラックバック

2007年06月21日

Anonymous / TOMAHAWK

anonymous.jpg
Anonymous / TOMAHAWK

4年ぶりの3作目。1st2ndはJESUS LIZARDとFAITH NO MOREを髣髴とさせるストレートな作風だったけど、この3rdはかなり毛色が違う。トライバルなドラムと呪術的なヴォーカルが印象的で、こないだ出たBATTLESの新作に近い雰囲気を感じたりも。ハードロックとしては、かなりとっつきにくい感じ。サウンドの方向性から今作はドラムのジョン・ステイニアーが主導権を握って作られたのかと思いきや、さにあらず。ギターのデュエイン・デニソンの描いたコンセプトによるものらしい。

今回のアルバムコンセプトについてはライナーで平野和祥タンがライナーで書いてくれております。保護政策下にある居留地で演奏されているネイティヴ・アメリカンの音楽が陳腐なブルースやカントリー、ニューエイジ風なものばかりであることに違和感を感じたデニソンが、「もっとアグレッシヴで不気味なもんじゃねーのか」とリサーチしてみたところ出会った文献の記述を元にして再構築したネイティヴ・アメリカンの音楽集と言うのがこのアルバムのコンセプト。それらはどれも作者不詳の民俗音楽ということで、アルバムタイトルがANONYMOUSとなっているらしい。なるほろ。

1stこそ「地味だな」っつー感想が先行しちゃったけどその地味な雰囲気だからこそ織り込むことができる不穏な感覚、不気味さこそがTOMAHAWKの持ち味であるってことを感じさせてくれた2ndの出来が素晴らしかった。そのTOMAHAWK流ハードロックサウンドでさらに素晴らしいものを、って期待しちゃってたもんで、最初にこのアルバムを聴いたときはちょっぴりガッカリしちゃったんだけど、鳴らされる音そのものだけでなくその音が響いている空間に満ちる不穏で不気味な空気は紛れもなくTOMAHAWK。その空気がネイティブ・アメリカンの民俗音楽というコンセプトと見事にマッチしてると思う。バンドの音自体は音圧がすごいとかすんげーラウドってわけじゃないんだけど、鳴らされた音によって生まれる空気の密度が濃い。

っつーことで作品自体は存在感があって素晴らしいと思うんだけど、でもやっぱ不穏なハードロックで歌うパットンを堪能できる作品も聴きたくもあったりして。俺にとっては肝心のマイク・パットンの存在感がなんつーか薄い感じがするし、もうちっとスカっとわかりやすいカタルシスも欲しいなあ、と思ってしまうわけで。まあパットンはそういう俺みたいなベタロックファンの期待っつーのの数歩先を常にいっちゃう人だからしょうがねーか。

投稿者 trouble : 16:44 | コメント (3) | トラックバック

Ghost Opera / KAMELOT

ghostopera.jpg

Ghost Opera / KAMELOT

地味だ地味だ言われてるアルバム。確かに前作のMarch Of MephistやSoul Societyみたいな強烈なインパクトのある曲がない。脇を固めるという意味では名脇役になりうる楽曲がそろっているんだけど、主役級の存在が足りないというか。

ということで俺も地味だと思います。

ただ、それで切って捨てにくいとこもこのアルバムにはあったりして。それは、今だにCONCEPTIONにこだわり続けるオタク心をくすぐる2曲があるから。The Human StrainとLove You To Deathがねえ、なんかCONCEPTIONの4th、FLOWに収録されてそうなムードの曲なんすよ。いやもっとゴージャスなアレンジになってるけどメロの盛り上がりとかがなんかそんな気がすんの。そこらへんが30を過ぎたオッサンの心にズキューンと響くのです。

あと、アンドレ・マトスのSHAMANぽいエキゾチックな雰囲気のヴァイオリンに導かれて始まるRule The Worldも躍動感あふれるリズムとKAMELOTらしいシアトリカルなメロがうまく組み合わさったナイスな曲だし、切羽詰った緊張感とドラマ性、スピード感がそろったGhost OPeraもやっぱいい曲で、前半は今までのアルバムと比べて遜色ないと思う。

ただ、後半にもう一つクライマックスが欲しかったなあ。後半だってシンフォニックでありながらアメリカ産ならではのパワーも備えた欧州メタルとしてそりゃさすがの出来で、演奏も歌もプロダクションも一級品なんだけど、強烈なインパクトを残す曲がないので全体の印象としてはTHE FOURTH LEGACY以降のアルバムとしては初めて翳りが見えたような、そんな小粒感を感じてしまうアルバムになってしまった。大きなドラマを感じさせる曲よりもやや淡白な小品て感じの曲が多いのもそう感じてしまう一因かも。ハデさよりも練り込みを狙ったのはわかるしまだまだ上を目指していくぜっていう気概を感じることはできるんだけど。ライブで観たら「なんだ、いい曲多いじゃねーか」ってなることを期待しています。

投稿者 trouble : 15:46 | コメント (6) | トラックバック

2007年06月14日

MASTERPLAN & LAST AUTUMN'S DREAM at 渋谷クラブクアトロ

LAST AUTUMN'S DREAM
レコ社主導の日本での小銭稼ぎ衝動皆無プロジェクトらしく、「日本でのライブが初めて」っつーことで随分なショボさが期待されたんですが、あたまっからそんなヒネくれた期待が消えてしまうぐらいしっかりした演奏でビックリ。

そのしっかりとした演奏を支えていたのがマルセル・ヤコブとジェイミー・ボーガーというTALISMANのリズム隊。恥ずかしながら今日のライブ観るまでTALISMANてドラムがもっとド迫力だったらなあ、とか思っていたんですが、生で観たらそのドラムがいいんだもん。すんませんでした。93年のTALISMAN来日公演はフレデリックの前でギターの音しか聞こえなかったからなあ。ベース&ドラムソロではTALISMANのTears In The Skyの間奏パートをやってくれて感激。ゲロンゲロンゲリロン、とJSS役を心の中で果たしていました。ああ、TALISMANで来日して欲しい。

いやまあとにかくそのリズム隊のおかげで素晴らしいライブになったと思います。んじゃ主役の二人はどうだったかっつーとミカエルはバック・トゥ・ザ・フューチャーのドクみたいなルックスだったけど(ジェイミーは顔の中心にパンチ食らったヒュー・グラントって感じでマルセルは顔はスティーヴ・ヴァイ、全体的にはジョー・サトリアーニという師弟コンビのミクスチャーアピアランス)あの反則モノな声質でしっかりとした歌を聞かせてくれました。ただ、アンディはイマイチ・・・いやプレイ自体は危なげなかったしFAIR WARNINGんときよりも随分と楽しそうだったんだけど、LAST AUTUMN'S DREAMの曲のソロってどれもフレーズがイマイチというか・・・。FAIR WARNINGのOut On The RunとかBurning Heartみたいな悶絶メロ展開のソロが全然ねーんだよな。1stしか聴いてなかったけどきっと他のアルバムの曲にはあのアンディの悶絶ソロがたっぷりあるに違いないと期待していったのでそこは期待はずれでした。

あと、アタマ3曲ぐらいはオクターバーかなんかを使ったコーラスの音程がズレててすげー気持ち悪かった。設定ミス?

ともあれ、50分強のライブは長さ的にも腹八分目でちょうどよく、期待してなかった分余計に楽しめたって感じ。

MASTERPLAN
前座が素晴らしい演奏だと当然こういうドイツ産のバンドのグダグダ感は強調されるわけで・・・と思ったんだけど思ったほど悪くなかったな。マイク・ディメオも思ったより頑張ってたし。ヨルンと比べてどうのって話もよく聴くんだけどヨルンてライブじゃそんな歌えてないし俺は前回の来日公演と比べて歌のレベルが下がったようには感じなかったなあ。いや別に「良かった!」っつーレベルでもないんだけど。

で、バンド全体となるとやはりまあなんというかグダグダ感は否めない。マイク・テラーナのやかましいドラムは確かにすごいけどバンドの音とは乖離してる感じ。ベースの存在感皆無。いやあドイツのバンドらしいライブでした。

そんなこと書いてるとあんまいい印象ない感じだしCrimson RiderとWoundsを聴きたかったけど、こちらもそんな長くなかった分飽きることなく楽しめました。

投稿者 trouble : 23:13 | コメント (3) | トラックバック

2007年06月06日

RED HOT CHILI PEPPERS at 東京ドーム

070606_2107~0001.jpg

3月にアンソニー様のご都合により延期になっていたライブの振り替え公演に行ってきました。東京ドームは入場してから席につくまでが長いのでめんどいんだよ、という小さな不満を抱えた小さな俺の小さな人生です。

客入りは8割は入ってたのかな?スタンドはさすがに上の方までは埋まってませんでした。19時15分ぐらいに開演。いつものようにアンソニー以外のメンバーが現れてダルダルっとジャムを開始。ジョンはすっげー髪短くなってんな。長いときのほうが受難のキリストって感じでかっこいいんだけど。

ステージ上、後方にはスクリーンが4つ、さらに後方の暗幕にも電飾のようなものがついていて映像が映し出されるとは言え、極めてシンプルなステージセット。

で、ジャムが終わるとアンソニーが出てきてCan't Stop。ジョンはジャムのエンディングでギターとっかえに行ってた。ジャム用にまでギター考えてんのかいな。アンソニーは口ひげを生やし、ポンチョっぽい服だったので超メキシカン。ドン・タコスって感じ。昨日は声が出てないって言われてたけど今日は調子いいみたい。って出てなくても元があんな感じだから俺は気にならないと思うけど。

ドームとは言えやはりレッチリなので血気盛んなヤングも多く、ブロック分けを無視して通路から前に突っ込んでくる若者多数。そのたびに係員と衝突&通路で暴れて周りの席の客とケンカ寸前の険悪な空気になったりと、ステージ上以外にも見所たっぷりのライブです。写真はそんな客に必死で対応するマジメそうな係員さんの後姿。ベルトをループに通すという予定調和を俺は否定する、と言わんばかりのロック魂です。

フジとあんま変わらないセットリストっつー話だったんだけど、今日は完全に裏ベスト的なセットリスト。Around The Worldとかそういう最近やってない曲をガンガンかましてきてたまらんかった。その分Tell Me BabyとかScar Tissue、Californicationみたいな聴きたかった曲まで入れ替えられちゃってたんでそこは残念だったしアンコールで昨日Under The BridgeやったとこでI Could Have Liedやられたときはかなり肩透かしでした(場内「え・・・」みたいな感じで引いてたのがおもろかったけど)。でも久々に聴く曲がいっぱいあってチョー楽しかったし何よりHigher Groundやってくれたときにはすげー燃えた!高校生んときにこれで初めてレッチリ知ったんだよな。

ただ、演奏はよかったけどメンバーのテンションは今まで俺が観たライブの中では一番低かった。いつも4人でステージ中央に向かっていろいろ呼吸を合わせてるシーンが多いバンドだからだだっ広いドームでやったらその場面が際立ってエネルギーが内に向いてるように感じちゃったんだろうか。でも前にフジで観たときとかはもう少し外に向かってエネルギー出てた気がするんだけどな。

投稿者 trouble : 23:49 | コメント (11) | トラックバック